手作りコスメでしみ・しわ改善

酵素の化粧水

酵素の化粧水は、代謝を活性化し、活性酸素を除去し、肌トラブルを解消します。

 

酵素は、細胞内の代謝をスムーズにする触媒物質です。
人間も含め、全ての動植物が生存するためにはなくてはならないものです。
ですが、この酵素は、一生のうちに作り出される量には限界があるので、
それを補い、節約するためには、消化酵素を大量に消費する肉類を食べることを減らし、
酵素がたくさん含まれる生の野菜や果物、発酵食品などを食べるようにすることが大切です。

 

既に、酵素の豊富な食事を取り入れていたり、
酵素ドリンクを飲んだり、スキンケアに酵素を使うなどして、
酵素を積極的に日常に取り入れている人も多いことでしょう。

 

肌は、身体の中でも最も新陳代謝の盛んな器官の一つです。
酵素スキンケアを使うことでその代謝を、活性化することができます。

 

肌のトラブルの殆どは、肌の代謝の衰えによっておきます。
シミやソバカスは、メラニン色素の代謝がうまく行われないために増え、
シワも肌の代謝やターンオーバーの周期が乱れることによって起こります。

 

紫外線などにより、増加する活性酸素が原因の一つとされていますが、
酵素には、代謝を高めるだけでなく、活性酸素を除去する働きもあります。

 

このように、肌にとっても健康にとっても優秀な酵素を、
毎日の生活の中に上手に取り入れてみませんか?

 

酵素の化粧水は、肌に馴染みやすく、余分な皮脂も抑えることが出来ます。
食品から作るので、飲む事もできますし、
飲んで塗れば、身体の内側から、そして外側からも作用し、効果が高まります。

酸素の化粧水のつくり方

材料:キャベツ4分の1個、ミネラルウォーター450ml、

 

キャベツは、無農薬のものを使います。
ミキサー、ガラスの容器(1リットルサイズ)、ラップ、ガーゼも用意しましょう。

 

(1) キャベツをミキサーに入る大きさに切り、サッと水洗いします。
   切ったキャベツとミネラルウォーターをミキサーに入れて、
   ドロドロの状態になるまで粉砕します。

 

(2) ガラスの容器に(1)を移しいれ、完全には空気のとおり道をふさがないよう、
   口に軽くラップを乗せ、3日間、常温に置いておきます。
   常温におくと、線維が分離して、色は黄色く変色し、漬け物のようなにおいがしてきます。

 

(3) 別のガラス製の容器に、ガーゼなどを当てて(2)を流しいれ、
   線維を濃し取ればできあがりです。
   この液は、美肌ドリンクとして飲むことができます。

 

つかい始めは、必ずパッチテストをしてください。

 

臭いや多少の刺激を感じる人もいます。
まずは、薄めて使ってみてください。
精製水で3倍程度に薄めると良いでしょう。

 

出来上がった酵素水は、冷蔵庫で保存し、1日にグラス一杯以上飲み、
残りは化粧水として3日間で使い切るようにします。
そのまま飲むと、味がよくないという場合は、
オレンジジュースやリンゴジュースなどで割って飲んでいる人も多いですね。
青汁と混ぜて飲んでいる人もいますよ。